​宮永 泰誠

僕自身が身体の怪我で悩んできたことがきっかけで、この仕事に出会えました。だからこそ僕は学び続け、自分と同じような失敗をする人を減らすことが僕の役目だと思っています

​お客様の誰もが変われる可能性を秘めています。僕はそれを最大限にしたい!

ストーリー

経緯

小学〜甲子園まで野球一筋で、「弱気な性格を変えたい」「パフォーマンスを上げるために筋肉をつけたい」というきっかけで筋トレを始めました。独学で学んでいたが、より高い技術や専門的知識を身に付けたいと考え、スポーツ専門学科のある大学へ入学。解剖学やスポーツ心理学、栄養学を学びました。

その学んだ知識と技術、自身の経験を生かして、同じように悩んでいる多くの方の手助けができるのではないかと考え、パーソナルトレーナーとして働く事を決意。

トレーナーとしての想い

私は昔から怪我に悩まされながら野球をしてきました。大学で1から身体の仕組みと生理学を学ぶ事で、自分が今まで怪我に悩まされた理由が分かりました。それと同時に、あの時にそれを指導してくれる人がいたらどうなっていたんだろうと考えたんです。

ダイエット、ボディメイク、スポーツは努力量と比例して怪我のリスクが高まります。僕は自分と同じように失敗する人を減らし、その人の可能性を最大限に広げるトレーナーになりたい。そう思って地元福井に戻ってBONA FIDEでトレーナーをする事を決意しました。

​人には生まれ持った骨格や身体のタイプがあります。それを無視したトレーニングやダイエットは危険ですし、失敗する可能性が大きいです。自分に合わない努力をしてしまって、結果が出ずに挫折してしまう人を見たくありません。僕はこれからもこの業界で学び続け、お客様の身体を預かる上で責任を持って指導させていただきます。